当税理士法人がお勧めする節税対策について

  • HOME
  • 税務顧問・税務サービス案内
  • 当税理士法人がお勧めする節税対策
  • 事務所案内
  • お問い合わせ

蔵人会計事務所HOME > 当税理士法人がお勧めする節税対策について

節税対策

蔵人会計事務所でお勧めしている節税対策の一部をご案内いたします。当事務所では、クライアント様の経営状況に合わせた節税対策などのアドバイスを行っております。

1.「代表者の給料を下げ、会社に利益を残す」のすすめ

会社に利益を出すのは勿体ないと顧問の税理士・会計士の先生は指導しがちです。
ところが、

1.会社の利益に対する税率は、個人の利益に対する税率よりも低い。
2.会社の利益を上げることで、会社の信用力(対銀行、取引先)はUPします。
3.会社の節税は、「給料を増やす」ではなく、別のより良い方法が存在します。

1.について詳しく解説をしていますのでご覧ください。

2.給料の支払いが多い会社では、給料の支払いを外注費とすることで税務上、どのようなメリットがあるかを検証してみました。

給料とは、会社が従業員に支払うもので、外注費とは会社が下請けの業者に支払うものです。雇用と請負については、実態で判断されるため、いくつかの条件を満たす必要があります。
下記については、その条件を満たし、給料から外注費に移行した場合の、会社側、下請け側それぞれのメリット・デメリットを検証しています。

(1)従業員の給料を外注費に移行すると、会社にはどんなメリットがあるのか?
従業員へ支払う給料を外注費にすると、社会保険料と消費税の支払いが減り、資金節約になります。給料の全額でなくとも一部を外注費に切り替えればメリットがありますので、検討する価値があります。

(2)従業員は給料を外注費として貰うことで、どんなメリットがあるのか?
従業員が給料を外注費として受け取る場合の経済的なメリット・デメリットなどをご案内いたします。

 

節税対策

税理士をお探しの方、税理士変更をお考えの方へ
医療税務相談・経営サポート