法人税 節税対策

  • HOME
  • 税務顧問・税務サービス案内
  • 税務会計・節税対策に役立つ情報
  • 事務所案内
  • お問い合わせ

法人税 節税対策

はじめに
このページでは、一般的に使われている法人税の節税対策を、損益計算書(P/L)を見ながら簡単にご紹介しております。

金融商品による節税対策の効果検証
生命保険やオペレーティング・リース等、金融商品を使った節税対策(繰延べ対策)についてはこちらをご覧ください。
事例 業種別 節税対策の問題点と余地
役員報酬を増額するのは本当に有利かどうか、病院やクリニックなど、MS法人を活用した節税対策の問題や消費税の問題などについては、こちらをご覧ください。

セカンドオピニオン顧問税理士
また、当事務所では、「セカンドオピニオン顧問税理士サービス」を行っており、税務上の問題や無駄を点検しご報告いたしております。
会社にお金を残す節税対策をお探しの経営者様、御社で導入を検討されている節税対策に不安や疑問を感じている経営者様は、 セカンドオピニオン顧問税理士 をご活用いただければ幸いです。お気軽にご相談ください。

法人税は会社の利益にかかる税金です。

事業が順調で利益が出れば、それなりに税金が課せられます。
その義務を負うことを否定される方はいないでしょう。

ですが、売掛金や在庫が膨らんでいることなどが原因で、決算書だけをみると会社の利益がたくさん計上された場合、多額の納税が必要となり、税金の納付をするために、銀行から資金を借りるなどのケースも発生します。

頑張って利益を出したにもかかわらず、必要以上と感じる税金を取られてしまうのはいかがでしょう。そんな疑問や不満を持たれる経営者の方や、納税は国民の義務だからとあきらめられている経営者の方に、ちょっとした工夫、考え方による法人税の節税対策方法をご紹介します。

目次

  1. 法人税とは
  2. 売上を減らす方法
  3. 売上原価を増やす方法
  4. 販売費及び一般管理費を増やす方法
  5. 営業外収益を減らす方法
  6. 営業外費用を増やす方法
  7. 特別利益を減らす方法
  8. 特別損失を増やす方法
  9. 銀行融資の格付けと法人税

損益計算書による考え方

科目節税の考え方
T売上高 ここで対策!売上を減らす方法
U売上原価
  売上総利益
ここで対策!売上原価を増やす方法
 =売上高 - 売上原価
V販売費及び一般管理費
  営業利益
ここで対策!販売費及び一般管理費を増やす方法
 =売上総利益 - 販売費及び一般管理費
W営業外収益 ここで対策!営業外収益を減らす方法
X営業外費用
  経常利益
ここで対策!営業外費用を増やす方法
 =営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用
Y特別利益 ここで対策!特別利益を減らす方法
Z特別損失
  税引前当期純利益金額
  法人税・住民税及び事業税
  当期純利益金額
ここで対策!特別損失を増やす方法
 =経常利益 + 特別利益 - 特別損失
 =平成23年度税制改正では、約35%(法人税とは
 =税引前当期純利益 - 法人税・住民税及び事業税

上記以外にも効果的な法人税の節税対策は存在します。
会社にお金を残す節税対策をお探し経営者様、導入を検討されている節税対策が本当に良い対策なのか確認をされたい経営者様は、 セカンドオピニオン顧問税理士をご活用いただければ幸いです。

  • セカンドオピニオン顧問税理士のご案内
  • 税理士をお探しの方、税理士変更をお考えの方へ
  • 医療税務相談・経営サポート