税務顧問、会計顧問のご案内

  • HOME
  • 税務顧問・税務サービス案内
  • 税務会計・節税対策に役立つ情報
  • 事務所案内
  • お問い合わせ

蔵人会計事務所HOME > 税務顧問・税務サービス案内 > 税務顧問・会計顧問のご案内

税務顧問、会計顧問のご案内

蔵人会計事務所の税務顧問・会計顧問サービスでは、年間を通じて経営状況を把握・分析し、お客様の税務・会計の管理、節税対策などの税務に関するアドバイスを行っていきます。

他の税理士事務所や会計事務所にて、顧問サービスを受けられている法人の方は、同じ金額でサービスを提供させていただいております。
また、御社のニーズに合わせてサービス内容を調整し、ご予算を抑えることもできます。お気軽に お問い合わせください。

1.月次顧問業務

(1)経理業務が円滑に行われる環境の構築

導入時は、現状の経理帳簿体系の確認を行い、効率的な経理帳簿体系、経理業務の流れを提案します。また、会計ソフトが導入されていない場合は、会計ソフトを導入し、パソコンの使用方法、会計ソフトの使い方、記帳の方法、データの受け渡し方など打ち合わせをし、円滑に業務が行われるよう、指導いたします。
導入後においても、効率的に経理業務が実施できるよう経理帳簿体系の見直しを続け、会計ソフトの入力指導や仕訳のアドバイス等を行います。

(2)質問事項に対する口頭による回答

経理処理や税務処理を、迅速に進めていけるよう、お電話、FAX、メールによる相談に対応いたします。
※原則、当日もしくは翌日の回答をしておりますが、質問内容によってはお時間をいただく場合がございます。

(3)試算表の定期確認(監査業務)

月次決算を行い、適正な税務処理、会計処理が行われているか試算表等を基にして監査いたします。

(4)月次報告会の実施(月次決算報告)

財務状況を把握管理することを目的に、月次決算の報告会を行います。
月次決算では、

  1. 経営者さまが問題点の発見や改善に対して迅速にご対応いただけるよう、損益の状況、資金繰りの状態を明確にします。
  2. 経営計画(目標値)に対しての達成度や差異の分析を行い、経営計画との比較し検討します。
  3. 経理処理の誤りを早期に発見することを目的に、帳簿整理を行います。
  4. 部門管理がある場合、全社合計の他、各部門毎の損益状況、目標と事実績の差異分析を行います。

(5)決算予測及び問題点の把握・税金対策のプラン作成

経営の意思決定を正確に、また効果的な節税対策を実施することを目的に、期首に計画した年度予算より、年間の損益予測表を作成します。月次報告会では、実績により修正した損益予測表で、随時決算における損益の着地を確認しご説明いたします。また必要に応じて、予測に基づいた税金対策プランをご提案いたします。

(6)税務調査時の事前打合せ

税務調査が発生した場合は、会計帳簿を中心に再チェックを行い、必要に応じて実際の契約内容や取引内容、書類の保管状況の確認等、事前打合せを実施いたします。

2.決算申告書作成業務

遅くとも、決算月の3ヶ月前の月次報告会から、決算の着地点を予測し、決算対策や納税・決算準備を進め、法人決算申告月には、以下の必要な書類作成を行い、年次決算の報告会を実施いたします。
年次決算の報告会では、今期の着地点の再確認を行い、来期の利益計画・資金運用計画など今後の予測を行います。

  1. 法人税確定申告書の作成
  2. 事業税・住民税の確定申告書の作成
  3. 消費税確定申告書の作成

3.中間決算申告書作成業務

中間納付が生じる月の月次決算報告にて、中間決算申告を実施するかどうかを検討いたします。中間決算申告をされる場合には、以下の書類を作成し月次決算報告時にご説明いたします。

  1. 法人税中間申告書の作成
  2. 事業税・住民税中間申告書の作成
  3. 消費税中間申告書の作成

4.税務調査立会業務

顧問契約の法人様に対して、月次決算訪問の段階で間違いやすいポイントについて確認を行うと共に、誤りの無い様ご提案しております。
実際に税務調査が発生した場合は、税務調査の全日程に立ち合い、法律に則り対応いたします。

5.修正申告書業務

修正申告書の提出がある場合は、以下の書類を作成し、ご説明いたします。

  1. 修正申告書の作成
  2. 更正の請求(還付)税額の整理
  3. 上記の証拠書類の整備
  • セカンドオピニオン顧問税理士のご案内
  • 税理士をお探しの方、税理士変更をお考えの方へ
  • 医療税務相談・経営サポート